ホーム > 地震が起きたとき
ご家庭のお客様 index
天然ガスへのご検討と切替
住宅のトータルリフォーム
イベント情報のご案内
ショールーム・お料理教室
灯油・クリクラ情報
最新ガス機器情報
ガス料金/料金メニュー
安心・あんぜんご利用ガイド
地震が起きたとき

もしも大きな地震が起きたら、まず身の安全を確保してください。

揺れが収まったら、すぐに火の始末をしましょう。

1.まずは身の安全を確保しましょう

まずは机の下に身を隠すなどをしてください。
震度5相当以上の地震の場合は、ガスメーター(マイコンメーター)が自動的にガスを遮断します。
慌てず落ち着いて行動しましょう。

2.揺れが収まったらガスの火を消してください

ガス機器を使用していた場合、ガスの火を消してください。

3.地震の後、再びガスを使うとき

地震の後、ガスを再び使うときは、次のことを確認してください。

1

ガス機器周囲でガスの臭いがしないか

ガスくさいときは、あわてずに対処方法を行って下さい。

ガスくさい・警報機が鳴ったとき

2

ガス機器本体に変形・破損等異常がないか

異常を確認した場合は、火災や一酸化炭素(CO)中毒等、事故の恐れがありますので、販売店や旭川ガスなどへご連絡ください。

お問い合わせ一覧

3

煙突など屋内外の吸排気設備の確認をしてください

外れ、凹み、閉塞がないか可能な範囲で目視確認をしてください。

・給気口がふさがっていませんか?
・排気筒(煙突)の詰まり、はずれ、穴あきはありませんか?
・排気筒と壁の間に隙間ができていませんか?

異常を確認した場合は、火災や一酸化炭素(CO)中毒等、事故の恐れがありますので、販売店や旭川ガスなどへご連絡ください。

お問い合わせ一覧

4

ガス接続具が正しく接続されているか確認してください

接続具が外れていないか目視確認してください。
異常を確認した場合は、火災や一酸化炭素(CO)中毒等、事故の恐れがありますので、販売店や旭川ガスなどへご連絡ください。

お問い合わせ一覧

5

再びガスを使うときは、1~4を確認してからガス栓・器具栓を開いてご使用下さい

ガスメーターの赤いランプが点滅している場合は、ガスが止まっています。復帰手順に従って操作してください。

ガスメーター復帰方法

旭川地区0166-23-4151 江別地区011-382-4211
PDF観覧ソフトをお持ちでない方は
左よりダウンロード下さい(無料)。
Copyright 2015. ASAHIKAWA GAS Co., Ltd All right reserved.